恋愛は自分の客観的な分析と積極的な行動から始まる

近頃街を歩いていてもどうも不機嫌そうに歩いている30歳前後の若者たちが多いような気がします。
楽しそうな笑顔の若者は明らかに大学生くらいの年代の若者ばかり・・・?
やはり社会に出るとそんな余裕など吹く飛んでしまうものかもしれません。

そんな30歳前後の若者たちはきっと
「とりあえず今の日ごとはしているけど、それは本当にしたことではない」
「いまお付き合いしている人はいるけれど、本当はもっとふさわしい人が現れるはず」
という自分の夢や希望と、自分の今の現実とのギャップに対する不平不満からかもしれません。
でも、これは恋愛も同じことなんです。
今の現実を選んでいるのは自分自身
だから今よりふさわしい彼女や彼氏をゲットするためには待っているd家ではダメなんですね。
今の現状に不平や不満がるなら・・・
今から素晴らし彼氏や彼女が欲しいのなら・・・
自分の中でそれを変えようとするチャンスを見つけなければなりません。
そのためには
・自分の客観的分析
・積極的行動
が必要です。
突然 絶世の美女があな田の目の前に合わられるなんてことはありません。
突然 あなたの前に白馬の王子が現れることはありません。
それは悲しいことですが現実なんです。

自分を客観的に分析すればなぜ彼女や彼氏がいないのか自分でもよ~くわかっているはずです。
自分お力でそれを変えていかない限り次の素晴らしい恋愛はできません。
どんあれないも幸せも、それを手に入れるためには努力が必要なのです。
自分の理想の恋愛があるならば、それにふさわしい人間になるために、まず自分に与えられているこの現時点を少しずつにでも変えていかなければなりません。

あえて「高望み」とまでは言いませんが、相手御欠点ばかりに目がいっていませんか?
その人の素晴らしいところはみつかりませんか?
どんな人間にでも欠点はあります。
そう、あなたのように・・・
でも、どんな人間にでも素晴らしい長所がありあmす。
そう、あなたのようじ・・・

欠点を直すことよりも長所を伸ばす
そしてそれをまわりにアピールしましょう。
相手の欠点を見るよりも相手の長所を探しましょう。
そして、あなたから行動を起こしましょう。
そうすることで何かが変わります。
きっと・・・
自衛官 結婚できない

ぐずぐすしていたらあっという間に結婚適齢期はすぐ去っていきます。
いつか現れる理想の男性や女性よりも、あえて自分で今の目の前にいる女性や男性を自分の理想の異性に変えていく!
そんな視点もありではないでしょうか?

オタクな私が試した!恋愛の仕方

こんにちは、現役アイドルオタクの20代事務員です。
私は小学校高学年から今までずっとアイドルのことを応援し続けている、「オタク」と言われている者です。
高校生の時までは心なく楽しく思うがままにオタク生活を過ごしてきていました。
アイドル活動が出来やすいように大学も都会へと進学をしました。

しかし、大学に入った途端、一緒に今までオタク活動をして来た友達に彼氏が出来たのです。
もちろん心のそこから祝福しましたし、彼氏のことで相談や惚気話だって聞いていました。
でも年月が経つに連れて他のオタク友達にも彼氏が出来るようになって、そろそろ焦るようになったのが大学の時でした。

今まで恋愛をして来なかった訳ではないのです。
学生時代には彼氏がいる時期もありました。
しかしどうしてもオタクをしてる限り私にとってはそのアイドルが1番で、どんなデートを誘われたってコンサートやイベントが被ればもちろん優先順位はアイドルになってしまっていました。
片想いをしてもオタク気質な私は、身近にいる友達ではなく一目惚れをすることが多くて今まで一度も話したことのないような人を好きになってしまったりしていたため実らないことが大半でした。

私はこの人生の中で、片想いをして実らなかった経験が1番多かったです。
実らなくても、自分にはアイドルがいるから。
なんて逃げていました。

そこで、アイドル活動は辞められない、でも好きな人もいる。という「オタクな私の片想いの実らせ方」について紹介していきます。

★無心を装って話しかけてみる、連絡を取ってみる

私は、元々異性と話をするのが苦手で気になる人には目を合わせることだって困難でした。
でも逆に考えてみれば、緊張して話せない、目を合わせてくれないほうが不自然に思われてしまうと思ったのです。
だから最初は難しいかもしれないけれど極力自分にも言い聞かせながら、相手のことを何にも意識せずに私はあなたのことなんて何とも思ってないですよというくらいにまで思って普通に何気なく喋りかけにいきます。
これを繰り返して行けば、意識しすぎて話すことも出来なかった人と徐々に距離を縮めていくことに私は成功しました。

★オタクということを隠さない

そもそもオタクな人は嫌いという人とは合わないし、付き合ったとしても自分が苦しくなるだけなんです。
だから本当に気になる人ができれば徐々に自分がオタクだということを話していけばいいんです。
オタクであることは全く悪いことではないですから。
現に私の友達も彼氏にオタクであるということを公表してから、自由にオタク活動をしています。
お互いが信じ合える存在だとわかっているからこそ彼氏も認めてくれているし全く気にしていないそうです。
また、オタク同士のカップルも結構いますが、皆楽しそうです。
同じ趣味同士だと最初から受け入れられるので、オタク仲間から進展する場合もあります。
オタク 恋人 作り方

私の場合も、最初からオタクっぽい人を探したことでうまくいきました。
開き直るとそういった出会いも増えるので、出会える場所に行ってみましょう。

いい女に出会いたかったらいい男になれ!いい男に出会いたかったらいい女になれ

なかなか縁遠い男女の愚痴に
「いい女がいないんだよ」
「いい男がいないのよね」
そんな言葉がよく聞かれます。
だけどそんな言葉は自分の恋愛のチャンスを逃しています。

「いい男がいないのよねぇ」
「いい女がいないんだよなぁ」
と愚痴る男女には共通点があります。
それは自分が男性としてどうなのか?あるいは女性としてどうなのか?
客観的にみよていないのです。
例えば、あなたという男性が目の前に現れました。
それを他の女性は客観的に「あら!素敵な男性?独身かしら?」なんて感じるでしょうか?
もしあなたが女性ならば、男性が思わず食事にでも誘いたくなるでしょうか?
くれぐれも客観的に!かつ自分が思い描いている異性のイメージの方からの視点で考えてみおて下さいね。
あなたは自信をもってYESと断言できますか?

「いい女がいない」と愚痴る前にまず「自分がいい男になる努力をしていますか?」
「いい男がいない」とぼやく前にまず「自分がいい女になる努力をしていますか?」
いい女と出会いたいならまず自分が少しでもいい男になることです。
いい男と出会いたいならまず自分が少しでもいい女になることです。
男性ならば仕事や収入も大きな魅力でしょう。
女子高生や女子大生ならともかく、それなりの年齢の女性ならば顔や見栄えも重要ですが、経済的魅力も重要視します。
ジャニーズ系の男前だが収入もなく社会的地位もない
顔はいかついが仕事もできて収入も高い
たいていの女性が本当の恋をするのはどちらでしうか?
女性ならば美しさだけでなく、立ち振る舞いの品格やお料理や家事なども家庭的な女性の魅力もあります。
よく言われるその男の胃袋を掴め!とも言いますよね。
ワンランク上のレベルの「男」「女」になることでワンランク上の「女」「男」が現れるものです。

「いい女がいない」
「いい男がいない」
そうぼやく前にまず自分を磨いてレベルアップして
「いい男になりましょう」
「いい女になりましょう」
実家 解体 費用 兄弟
男性ならば今の仕事に打ち込んでください!
なにか資格を取るのもいいでしょう。
他の人の仕事を積極的に手伝ってあげることもいいでしょう。
社内の素敵な女性はそんな姿をめざとく監視しています。
女性ならば美容も大事ですが、他の努力も忘れずにしあmしょう。
いつも会社で自ら率先して掃除もしてきれい好き
そんな姿を見れば男性は「この人はと結婚したら家の中もきれいにしてくれるだろうな?」
差し入れのお弁当がおいしければ
「こんな人と毛婚したら毎日こんなおいしい料理が食べれるんだろうなぁ?」

それってめちゃくちゃ魅力的になるのです。
ええ、本当の恋を探し求めている方からすれば・・・

Hello world!

WordPress へようこそ。これは最初の投稿です。編集もしくは削除してブログを始めてください !