恋愛は自分の客観的な分析と積極的な行動から始まる

近頃街を歩いていてもどうも不機嫌そうに歩いている30歳前後の若者たちが多いような気がします。
楽しそうな笑顔の若者は明らかに大学生くらいの年代の若者ばかり・・・?
やはり社会に出るとそんな余裕など吹く飛んでしまうものかもしれません。

そんな30歳前後の若者たちはきっと
「とりあえず今の日ごとはしているけど、それは本当にしたことではない」
「いまお付き合いしている人はいるけれど、本当はもっとふさわしい人が現れるはず」
という自分の夢や希望と、自分の今の現実とのギャップに対する不平不満からかもしれません。
でも、これは恋愛も同じことなんです。
今の現実を選んでいるのは自分自身
だから今よりふさわしい彼女や彼氏をゲットするためには待っているd家ではダメなんですね。
今の現状に不平や不満がるなら・・・
今から素晴らし彼氏や彼女が欲しいのなら・・・
自分の中でそれを変えようとするチャンスを見つけなければなりません。
そのためには
・自分の客観的分析
・積極的行動
が必要です。
突然 絶世の美女があな田の目の前に合わられるなんてことはありません。
突然 あなたの前に白馬の王子が現れることはありません。
それは悲しいことですが現実なんです。

自分を客観的に分析すればなぜ彼女や彼氏がいないのか自分でもよ~くわかっているはずです。
自分お力でそれを変えていかない限り次の素晴らしい恋愛はできません。
どんあれないも幸せも、それを手に入れるためには努力が必要なのです。
自分の理想の恋愛があるならば、それにふさわしい人間になるために、まず自分に与えられているこの現時点を少しずつにでも変えていかなければなりません。

あえて「高望み」とまでは言いませんが、相手御欠点ばかりに目がいっていませんか?
その人の素晴らしいところはみつかりませんか?
どんな人間にでも欠点はあります。
そう、あなたのように・・・
でも、どんな人間にでも素晴らしい長所がありあmす。
そう、あなたのようじ・・・

欠点を直すことよりも長所を伸ばす
そしてそれをまわりにアピールしましょう。
相手の欠点を見るよりも相手の長所を探しましょう。
そして、あなたから行動を起こしましょう。
そうすることで何かが変わります。
きっと・・・
自衛官 結婚できない

ぐずぐすしていたらあっという間に結婚適齢期はすぐ去っていきます。
いつか現れる理想の男性や女性よりも、あえて自分で今の目の前にいる女性や男性を自分の理想の異性に変えていく!
そんな視点もありではないでしょうか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です